医者

かかりつけ医に相談

病室

地域医療の一つです

家族の健康を守るのに大切な役割を果たすのがかかりつけ医です。かかりつけ医とは体調不良などの際に相談する地域のお医者さんのことです。日本では体調がすぐれなくなると総合病院などを利用して診察を受けることが一般的となっていますが、海外ではまずかかりつけ医の診察を受けることが一般的です。このかかりつけ医の仕組みが日本では見直されつつあります。総合病院は本来高度な治療や診察を行うことを前提とした病院で、風邪や頭痛など軽度の疾患は診察の対象外となっています。しかし日本では長らく総合病院で診察を受けることが一般的となってきたため、症状の軽い方も総合病院を受診しているのが現状です。しかしこれでは本当に緊急を要する症状の患者が診察を受けることができなくなってしまうため、速やかに改める必要があると考えられています。そこで注目を集めているのがかかりつけ医の仕組みです。

様々なメリットがあります

都筑区内では総合病院以外にも数多くの内科が診察を行っています。都筑区に住んでいる方で体調がすぐれないときには総合病院を利用しているという方は、まずは地域の内科で診察を受けるようにしましょう。地域の内科をかかりつけ医とすることには様々なメリットがあります。決まった診療所で定期的な診察を受けていれば医師もその方の健康状態を継続して把握することができるようになるので、より適切な診断を行うことができます。また総合病院などでは診察を受けるまでに長時間待つ必要がありますが、地域の内科をかかりつけ医として利用すれば待ち時間も少なく診察を受けることができるメリットもあります。かかりつけ医の仕組みはまだ十分に浸透しているとは言えませんが、本当に質の高い健康管理を考えるのであればかかりつけ医を持つことが大切となってきます。都筑区に住んでいる方で家族の健康が気になる方は、都筑区内の診療所をかかりつけ医として利用するようにしましょう。